住宅ローンを借りよう 元利均等とは何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

住宅ローンの代表的な返済方法として、「元金均等返済」と「元利均等返済」の2つの方法があります。
民間の金融機関では元金均等はあまり使われることがありません。
今回は「元利均等」を中心にお話していきましょう。
元金均等と元利均等、字が似ているので間違いや勘違いには要注意です。

◆元利均等返済とは?

元利均等返済とは返済額(元金+利息)が一定の為返済計画やそのほかの計画が非常に立てやすくなりますね。
固定なので時代の波にかき乱されることがありません。
上がったり下がったりを繰り返しますから、固定の方が家計の計算もしやすいですね。
しかしデメリットもあります。
一定であるが故に借入金残高の減りが遅くなるというのは覚悟しておかなければいけませんね。

◆元金均等返済とは?

毎月の元金支払いは額が統一です。
その代わりこの返済方法の場合、一番最初に金利を多く支払うようになる為初めのうちは支払金額が高いです。
よって借り入れ時に必要な収入は高くなってしまいますね。
しかし、不安定な面が多い為この元金均等を選ばれる方は少ないですね。

◆ライフプランを考える

上記を踏まえた上でライフプランをしっかり考えていきましょう。
例えば、現在は共働きで収入は安定しているかもしれませんが、後に子供が出来て奥様が退職したり、ご自身が病気になり仕事をやめたりと家計の流れに変化が起きてしまうと残念ながら住宅ローンというのはかなりきつくなります。
そんな中で不安定な元金均等にしてしまうとそれこそ、不測の事態が起こった際に対応するのが大変です。
むしろ対応できずに辛い思いをする可能性があります。
そんな状況にも対応しようと思うのであれば、元利均等がいいでしょう。
支払い開始から支払い終了まで何があってもずっと一定の支払いのみです。
計画が立てやすく安定感を求めるのであればこちらの方がいいですね。

◆最後に

ちなみにどちらがお得かと言われれば、総支払額から言えば元金均等返済の方がお得です。
しかしその代わり、リスクは背負わなければいけません。
今後ずっと年収が上がり続けて一切下がることがないのであれば元金均等返済でもいいのかもしれません。
もし、子供が生まれたら共働きではなくなる。そうしたら年収が下がってしまうというような場合は迷わず元利均等にしておきましょう。
昔から危ない橋は渡らないと言いますよね。
住宅ローンにおいて元金均等払いはギャンブルのようなものです。
しっかりと考えた上で決断するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。