住宅ローンを組む上で無謀だと思う基準とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

家を買う上で必要不可欠なのが住宅ローンです。
この住宅ローンがあるからこそ、全国の家が欲しい人たちは家が買えているわけです。
しかし、この住宅ローンも一歩間違えれば家を買う上で無謀ともとれる状況に陥る可能性は非常に高いです。
では、そうならない為にはどうすればいいのでしょうか?
確認していきましょう!

◆金融機関のいう事は鵜呑みにしない
まず、無謀となってしまう背景には金融機関のいう事をそのまま受け止めてローンを組んでしまう人がいることにあります。
1つ勘違いしてはいけないのが、「金融機関から借りられるお金=返済していけるお金」とは限らないのです。
これはどういう意味かわかりますか?
要は3000万円貸せますよ!では、3000万円の住宅ローンを借りましょうという話になっても実際貴方自身が本当に家計を安定させた状態で返済できるかは分からないし、知らないのです。
という事は、金融機関の言葉は鵜呑みにするのは大変危険な事かもしれません。
しっかり自分で判断できるようにしておきましょう。

◆ライフプランが大切
無謀な住宅ローンを組まないようにするには、ライフプランは必ず必要となってきます。
このライフプランは住宅ローンを組んだあとからの事を考えながら、しっかり構築していく事で将来安定した生活を送る事が出来るようになります。
これがまず、住宅ローンで無謀な返済をしない方法なのです。
第一にライフプランはしっかり考えて決めるという事は覚えておきましょう。

◆働き手が減らないかは重要
無謀と言える住宅ローンを組んでしまう背景にはもう一つだけ忘れやすい部分があります。
それが、夫婦共働きだった時です。
この時に住宅ローンを組むと大抵夫婦二人の年収で住宅ローンを借りてしまいがちです。
夫婦で600万円(夫400万円・妻200万円)だったとして住宅ローンは年収の5倍までが基準とされていますから3000万円が借りられると仮定されるわけですが、
これらに関しては金融機関は現状の年収で計算していますからその後に契約者の年収が下がってしまう事など考えてはいないわけです。
そこで、危惧されるのが、妻の妊娠と出産です。
これだけで少なくとも2年は働けない可能性が出てきてしまいます。
そうなると600万円あった年収があっという間に400万円です。
このように急に年収が落ち月々の支払いが厳しくなったと言われる方が多いのも事実です。
このような事があるにも関わらず、しっかりと考えていない方は何も気にせずに無謀に住宅ローンを組んでしまうのです。
その場が借りられればあとは何とかなる!という考えでは必ずミスをしてしまいます。
しっかり今後の事も見据えた上で住宅ローンを組めば、無謀だとは言われないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。