港南区の南高校はどんなところ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

港南区で気になる高校の1つと言えば、この横浜市立南高校です。
果たしてどんな学校なのでしょうか?みんなが挙って絶賛する高校の内容を確認していきましょう。

◆南高校とは?
横浜市立南高校は横浜市にある中高一貫校です。通称南高と言われ親しまれています。
学年制を採用しており、有名国立大学への進学者も毎年10名~20名排出しています。
また2016年にはベトナムやシンガポールにおいて海外イマ―ジョン研修を行なったり、専門家を招き講義を受けるなどと言った活動実績を誇ります。
部活動においては水泳や弓道が県内強豪で有名でもあります。
また2017年度における偏差値は【61】となっており、神奈川県内では324校中41位、神奈川県公立の中では204校中26位となっています。

◆近年では進学校へと移行しつつある
少し前までは文武両道というイメージの南高でしたが、中高一貫校になってからは徐々に進学校となりつつあります。
高校全体のイメージとしては進学に向けての勉学がメインとなってくるでしょう。
有名私立大学や国公立大を目指す人にはかなりいい環境かもしれません。
先生方もどちらかというと難関大学を受験するように押してくる傾向があります。
ですから、必ず難関大学に行きたいんだ!という希望をお持ちの方は、むしろ中学校から入学することをオススメします。
そのくらい勉強に集中させてくれる学校です。
また外部からも専門の講師などを呼び講義をしてくれる点も非常に魅力的です。
指定校推薦も勉強を頑張っていればもらえやすいです。
ただし、他の高校とは違い、一年生からの成績をしっかり見られるので、真面目に指定校推薦が欲しい人は一年生から頑張っています。

◆その他は?
進学校になりつつある為、部活よりも勉学というイメージになりつつありますが、相変わらず水泳と弓道は強いですね。
また、校則は厳しいですが、先生方はそこまで細かく言う方は居ません。
よっぽど周りよりも派手にしていたら注意・改善はさせられます。
また先生方がどちらかというとフレンドリーすぎる傾向にあるようです。
その点は良し悪しがありますね。
また校内設備に関しては何もいう事がないくらい綺麗で素晴らしいです。
イベント毎は少し減ってしまいましたが、例年球技大会がかなりの盛り上がりを見せています。
文化祭などもかなり楽しい行事が盛りだくさんです。
勉強、勉強と言われつつも気が抜いけるところは生き抜き出来るので楽しめるところはしっかり楽しめばいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。