横浜市金沢区の高校についてどこがオススメなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

神奈川県横浜市の金沢区にある高校を紹介していきます。
金沢区の学校は著名人も数多く輩出している学校が多い事でも有名です。
では、どんな学校があるのでしょうか。

◆横浜市立金沢高等学校
この高校の良いところは何と言っても自由な校風です。
生徒手帳などに決まりはあるものの、通常の高校と比べるとかなり生徒指導が緩いように思えます。
女子ですとスカートを規定より短くしても言われませんし、男女ともピアスに関しても代々的に言われることはありません。
しかし、そこまで先生は生徒たちに何も言わないのか?と言われるとそうではないのです。
何かしら大きな行事の際はピアスも外してきますし制服も正装していきます。
ここの学生はやるべきことはわかっているのです。
あとは偏差値が63と通常の高校よりは高いです。
生徒も一丸となって勉強しますので比較的勉学には熱心な高校と言えるでしょう。
また高校へのアクセスも金沢八景駅から徒歩2分程なので通学も非常に楽ですね。部活帰りで疲れていてもすぐに電車に乗ることが出来ます。

◆釜利谷高等学校
偏差値は38と中の下くらいではありますが、とても人気のある学校です。
校則は他の高校と比べると厳しく髪染めは基本的に禁止となっています。
ですが、うっすらと茶色の人もいますし、ピアスなどもあけている子もいます。
勉強と言うよりもどちらかというと高校卒業後すぐの就職に向けて力を入れている高校になります。
進学よりは就職の方が多いですね。
また部活動ではレスリング部が非常に強く有名です。
運動系のイベントが多いですが、体育祭はなく文化祭だけとなっています。
勉強が苦手な人はこの高校に行くと良いという噂話があるほどです。
しかも、就職率がほぼ100%と言われているのも大きな要因かと思われます。
更に高校全体が規則には厳しいものの、生徒も先生もみんな仲良しです。
なんだかんだ怒られながらも先生にしっかり生徒がついていくという昔ながらのスタンスが出来上がっているようにも思えます。
そしてこの高校のマラソン大会ではおにぎりと豚汁が出るところが気に入っている生徒が多いようです。
マラソン大会は盛り上がります。欠席すると体育が1になると言われるからです。sひぃかし、人数が多くみんなでワイワイ楽しみながら走っています。

◆最後に
このように今回は2校のご紹介でしたが、勉強に集中すべき学校や就職に力を注いている学校などこの金沢区には良い学校がたくさんあります。
是非、自分に合う学校を探してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。