金沢区の神社と言えばココ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

都市開発が進む横浜市の中でも唯一、緑溢れる山並みと青い海が見渡せるところがあります。
それが金沢八景・瀬戸神社です。

◆瀬戸神社とは
大昔、今日の泥亀町から釜利谷東一帯は大きな入江でした。この入江と平潟湾とは瀬戸橋の位置にあたる狭い水路上の海峡でつながっていたと言われています。
その小さな海峡は潮の干満の度に内海の海水が渦を巻いて出入りする「せと」と言われていました。
昔の人はこの水流の激しい「せと」を罪や穢れを流し去ってしまう神聖なところであるとして豊かな幸をもたらしてくれる神様をここに祭ったことが瀬戸神社の期限だと言われています。
さて、この瀬戸神社ですが実は交通の便はすごく良い所にあります。
なんと京浜急行金沢八景駅から徒歩2分のところにあるのです。
駅を降りて国道16号線に出て左に曲がると横断歩道の先に見えるのが瀬戸神社です。

◆重要文化財がある?
瀬戸神社には「抜頭」と「陸王」という二つの能面が保存されています。
この二つの能面は国指定の重要文化財で源実朝が愛用していたと伝えられているものです。
この他にも昔の神像群の七つが横浜指定の文化財に登録されており、この神社に祭られてあります。

◆瀬戸神社と言えば?
瀬戸神社と言えば強烈な個性があるわけではありませんが、全てが品よくまとめられている由緒正しき神社です。
近年では、こういった神社に足しげく足を運ぶ人も少なくなってきました。
と、言いたいところでしたが、瀬戸神社はそうでもありません。
「静かな境内を歩きながら思いにふける~」なんて言葉は出てこなく、境内はかなり賑やかな印象がありました。
瀬戸神社では毎月いろんな行事が行われています。
フリーマケットがあっていたり花の市があっていたりと意外と賑やかなところも瀬戸神社の魅力と言えるでしょう。
花の市に関しては大きな花はないもののミニサイズのカーネンションやパンジーなど色彩豊かに並べられていて、神社とは思えないほどの華やかさで綺麗です。
またブログもやっているので境内にある各種色とりどりな紫陽花の開花情報なども確認してみてタイミングを見て遊びに行くのもいいでしょう。
あとは普通に行っても境内の中は都会とは思えない程綺麗で落ち着いた雰囲気になっています。
空気も木々に囲まれている分非常に綺麗ですね。
このように、瀬戸神社はゆったりと落ち着くにはいい場所でもあります。
金沢区内でのんびりしたい時は瀬戸神社がオススメでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。