マイホームの間取りで失敗したと思ったところは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マイホームを購入した方は間取りで失敗した!と感じる人は非常に多いのではないでしょうか?
今回はその先人の失敗例を見ていきながら間取りについて学んでいきたいと思います。

◆収納スペースで失敗
まず、皆さんが口を揃えて言うのが収納スペースの少なさです。
部屋を広くしたいという思いから収納スペースを失くしたり小さくしたりしたものの、今度は収納に入りきらないものが部屋を侵食してしまい、新築なのに既に部屋の中は物で溢れかえっているという状況です。
すこし部屋は小さくても収納スペースを確保して目に見えない部分に物を直すというのがスッキリするという意見が多かったですね。
またその収納スペースの扉も気にかけておきたいところです。
引き戸、折り戸、開き戸といろいろとありますが、どれがいいのかはその場所によって変わってきますので設計図の段階でどれにするか慎重に選びましょう。
よくあるのが設計後に扉を使用したら使いにくかったなんて話はよくある事です。

◆玄関で失敗
案外盲点になりやすいのが玄関です。
玄関って収納スペース以外特別気にされない事が多いです。
だからこそ、ここで言っておきます。
玄関は光の入り具合が非常に大切です。窓の位置や大きさで光の入る量が大きく変わってきます。
この光を気にしないと夜はともかく朝も昼も暗い玄関となってしまいます。
朝や昼でさえ電気をつけないと靴さえ履けない状況になっているのです。
これは注意しておかなければあとでやり直しは聞きません。
玄関の窓には十分注意しましょう。

◆空間が広すぎた失敗
よく言われるのが一時期流行した吹き抜けです。
玄関から2階にかけて吹き抜けが出来ており、2階から1階の部屋を見渡せたりもします。
数年前は非常に大人気だったのですが、その数年前に購入した人たち曰く、吹き抜けのデメリットが当然夏は暑いし、冬は寒いです。
とにかくエアコンが効きづらく風量を幾ら強めても意味がないというお言葉を多く頂いております。
確かによく考えれば言っている通りですね。
吹き抜けにすることにより空間を広くとり解放感溢れる家にしたかっいたのですが、そうも上手くはいかないものですね。

◆2階バルコニーについて
実は近年進化しているのが2階のバルコニーをなくし、その分のホールを広く取れることで室内でも洗濯物を干せるようにとの事。
バルコニーが狭くて結局洗濯物が干しにくいという話もあるようです
このように間取りはしっかり考えておかないと失敗する可能性は非常に高いです。
失敗しない為にもこれらの事を教訓としてマイホームを建てましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。