戸建てを建てるなら外観は気にしたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新築を建てる上で必ず気になるのが外観です。
内装の造りも確かに重要ですが、外からの見た目もかなり大切です。
カッコよくした、可愛くしたい!など人によって思いは様々です。
今回は外観で失敗しない為の重要なポイントを一緒に確認していきましょう!

◆窓のデザインや位置
まず、外観を気にする上で欠かせないのが窓の位置やデザインです。
その中でも一般的に主流になっているのが引違い窓と言われるものです。
この引違い窓というのは一般家庭には当たり前のように設置されている窓の事でバルコニーに出る際や通常の窓にも使われている物です。
しかもこの窓は施工費もかなり安く設置できるため、どこの家でも使われていることが多いです。
その為かデザインがどこの家も同じようになりやすい傾向になります。
このような扉や窓などを変更して普段とは違う窓に変更すると通常とは違うデザインにしやすいので窓のデザインや種類という物にも気を配ってみましょう。

◆色と素材を選ぶ
次に必要になってくるのは、もちろん色と素材です。
色というのは人間でいうところのお化粧に近い感覚です。
何もしなければ普通ですが、お化粧をすることでその外観を着飾り個性を出すことが出来ます。
例えば、白系統で行けば非常に明るい印象を持ちます。また太陽光も反射してくれますので更に明るい印象を受けることは間違いありません。
しかし、同時にデメリットもあります。
とにかく白は汚れが目立ちやすいです。
特に雨水などの汚れで雨だれが目立ちやすく、定期的に掃除をしないと本当にただ「汚い家」になってしまいます。
白い壁を選ぶようでしたら、汚れが付きにくいコーティングなどを施しておくといいでしょう。
あとは逆に、黒い系統の色ですと落ち着きのあるモダンな雰囲気の外観にすることが出来ます。
ただ、茶色まではギリギリいいですが、真っ黒になると暗く不気味なイメージを連想されやすくなり周囲お住まいの方で気にする人もいる可能性があるので気を付けて選定するようにしましょう。
このように外観を選ぶだけでもいろんなところに気を配りどんどん良い家にしていく事が出来ます。
周囲から見ても外観はとても重要です。
家の中ばかりに拘らず、外観も建設の際は気にして見ましょう。

◆最後に
ちなみに、外壁で緑や黄緑、黄色にされる方がいますが、経年劣化や汚れによってはコケが生えたような色合いになる場合があります。
もし、まめに洗浄や外観のメンテナンスをしないようであれば、十分に気を付けておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。