住宅ローンは年収の何倍が目安?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

住宅ローンを組む上でよく参考にされるのが年収です。
この年収を目安にローンの金額を決めている人もいるようです。
果たしてその計算方法は正しいのでしょうか?

◆一般的には7倍
巷でも言われている年収の基準は7倍だと言われています。
400万円の年収であれば2800万円という事になりますね。
ただし、ここで気を付けておかなければならないのが年収は手取りで考えておかなければなりません。
よく総支給額で450万円です!なんて言われる方もいますが、そこを間違えると自分の首を絞めかねないので気を付けるようにしましょう。
手取りの年収で計算です。
とは言うものの、正直年収の7倍という数字は無謀だとも言われています。

◆年収の7倍はなぜ無謀なのか
それは、この年収7倍という数字はあくまでも住宅ローンを払っていける分しか考えていないからです。
この金額で住宅ローンは通りますよ!という金額だけなのです。
その後のかかってくるお金の事は一切考えていません。
そこはよく考えておきましょう。
確かに年収400万円で2800万円の家は買えるかもしれませんが、それを実行してしまうと後々大変な事になります。
住宅ローンを組む時は必ず余裕を持って組みましょう。

◆マイホームを買うと支払いは住宅ローンだけではない
購入前にしっかり考えておかないといけない事がまだあります。
それは修繕費や固定資産税です。
修繕費に関しては小規模修繕と大規模修繕がありますし、固定資産税も恐らく年間10~15万円は通知が来ることでしょう。
修繕費に関しては5年に一度の小規模修繕で10万円、15~20年に一度の大規模修繕で50~150万円は見ておくべきです。
となると家の修繕費だけで35年ローンの間に300万円は見ておかないとお金が足りなくなってしまう計算ですね。
そうなると、結局ローンの支払いに手いっぱいで他のところにお金がまわらなくなってしまいます。
このような事にならないようにしっかりと金額は考えましょう。

◆オススメは5倍ないし4倍
上記を踏まえた上で余裕を持たせるのなら5倍くらいで見ておこう。
そうすると2000万円の家になる。
ですが、このくらい余裕があれば先々は安泰と言えるでしょう。
これから住宅ローンを組もうかと悩んでいる人は必ずローンの内容は確認するようにしましょう。
せっかくのマイホームを購入したのに住宅ローンが払えずに手放してしまったという人もいるくらいです。
必ず最初に金銭面をしっかり整えてからローンを組むようにしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。